無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第1話

💍
たぐのつけ忘れが酷かったので、再来。




















私は、赤色のマークに気を取られていた。


_ 月城 @つきしろ_ (なまえ)
月城 (つきしろ) あなた
わっ...



あまりに魅力的でくらっとして踏み外す。


『 大丈夫 __ ? 』


_ 月城 @つきしろ_ (なまえ)
月城 (つきしろ) あなた
は、はい...



私の無事を確認すると、2人は立ち去っていこうとする。

































去って行こうとする手を私は咄嗟に掴んでいた。