無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

宿儺との会話
夜宮 あなた (ヨミヤ)
悠仁くん悠仁くん!
虎杖悠仁
虎杖悠仁
夜宮 あなた (ヨミヤ)
宿儺と変わってもらってもいい?
虎杖悠仁
虎杖悠仁
いいけど…
(なんかデジャブを感じる…)
夜宮 あなた (ヨミヤ)
ありがと!(*^^*)
虎杖悠仁
虎杖悠仁
まぁいっか!
(この笑顔には勝てない)
夜宮 あなた (ヨミヤ)
両面宿儺
両面宿儺
っと、呼んだか?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
うん!久しぶり?かな。こうやって話すのは
両面宿儺
両面宿儺
そうだな
で、何の用だ?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
…宿儺は日常会話って言うものを覚えようよ
両面宿儺
両面宿儺
夜宮 あなた (ヨミヤ)
はぁ…そう言えばさ、宿儺は他の人のことを名前で呼ばないよね
両面宿儺
両面宿儺
そうだな
夜宮 あなた (ヨミヤ)
なんで?
両面宿儺
両面宿儺
なんでと言われてものう
ただ覚えるのがめんどくさいのだ
夜宮 あなた (ヨミヤ)
じゃあ、私の名前だけ覚えてくれてたの?
両面宿儺
両面宿儺
そういう事だな
夜宮 あなた (ヨミヤ)
…カァ///
両面宿儺
両面宿儺
ふぅ…それではまたな
夜宮 あなた (ヨミヤ)
うん、またね!(*^^*)
虎杖悠仁
虎杖悠仁
あれ、あなた顔赤くないか?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
いや、そんなことないよ!
虎杖悠仁
虎杖悠仁
そっか!
全員
全員
(・д・)チッ←全てを見ていた人たち