無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

悩み
夜宮 あなた (ヨミヤ)
家入先生
家入硝子
家入硝子
ん?
あと、私は先生じゃないぞ〜
夜宮 あなた (ヨミヤ)
いや、保健の先生に見えます
家入硝子
家入硝子
そうか?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
はい!
夜宮 あなた (ヨミヤ)
ってことで!生徒の相談にのってください!
家入硝子
家入硝子
それは構わないが…
何が悩みなんだ?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
…みんな、私には甘い気がするんです
あと、しつこい
家入硝子
家入硝子
おー、まぁそれは仕方ないだろ
夜宮 あなた (ヨミヤ)
なっ!
家入硝子
家入硝子
(あの教師以外はあなたが可愛すぎるのが悪いと思うな)
夜宮 あなた (ヨミヤ)
はぁ…
家入硝子
家入硝子
まぁ、今のままでいいんじゃないのか
あなたが危ない時は助けてくれるし
家入硝子
家入硝子
逆に他の奴らが困った時はあなたが助ければいい
夜宮 あなた (ヨミヤ)
それは…そうですけど
なんだか、私にだけ甘いのは…
家入硝子
家入硝子
なら、あなたもあいつらに甘くなってみたらどうだ?
アイツらがあなたにいつもしてることをしてみたら
夜宮 あなた (ヨミヤ)
なるほど!
それで私の苦労が分かるかもですね!
ありがとうございました!
家入硝子
家入硝子
……大丈夫か?














次回 もっと苦労する羽目になるあなたさん