無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

眠れない 棘ver.





トントン
狗巻棘
狗巻棘
夜宮 あなた (ヨミヤ)
棘先輩、あなたです。
開けてもいいですか?
狗巻棘
狗巻棘
しゃけ
夜宮 あなた (ヨミヤ)
失礼します



今の時刻は11時をまわっている
狗巻棘
狗巻棘

(どうしたの?)
夜宮 あなた (ヨミヤ)
眠れなくて…


ポンポン


棘先輩が自分の座っているソファーを手で叩いた


座れってことかな?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
お、お邪魔します//
狗巻棘
狗巻棘
🎵〜🎶🎵〜







棘先輩は鼻歌を歌い始めた



子守唄…かな




棘先輩の声は、安心するな…
夜宮 あなた (ヨミヤ)
(  -    -   *)ウトウト
狗巻棘
狗巻棘



私が眠くなってきたのに気付くと、頭を撫で、優しくおでこにキスをしてくれた
狗巻棘
狗巻棘
おやすみ、あなた