無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

五条先生との訓練です
夜宮 あなた (ヨミヤ)
五条先生〜
五条悟
五条悟
夜宮 あなた (ヨミヤ)
訓練に付き合ってもらってもいいですか?
五条悟
五条悟
え?やっと僕の気持ちに…
夜宮 あなた (ヨミヤ)
訓練です(*^^*)
五条悟
五条悟
はい…






数分後
五条悟
五条悟
で、どれくらいでするの?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
そうですね…先生、全力でいいですよ?
五条悟
五条悟
僕が?それともあなたが?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
先生です
五条悟
五条悟
…7割で勝つよ
夜宮 あなた (ヨミヤ)
分かりました…では…



※言い忘れていたが、あなたさんは槍を使うよ

術式の時も槍
夜宮 あなた (ヨミヤ)
は!
五条悟
五条悟
っと、あなた〜、術式使ってもいいよ〜
夜宮 あなた (ヨミヤ)
…煽ってますか?
五条悟
五条悟
全然〜
夜宮 あなた (ヨミヤ)
…私の勝ちです
 
そう言って、一気に間合いを詰め槍の先端を五条先生の首に付けようとする…が
五条悟
五条悟
ほいっ、


槍を掴まれ、投げられる
夜宮 あなた (ヨミヤ)
あっ!
夜宮 あなた (ヨミヤ)
…はぁ、負けました
五条悟
五条悟
そう落ち込まなくてもいいと思うよ〜
夜宮 あなた (ヨミヤ)
そうですか?
五条悟
五条悟
うん、あなたは強いよ
僕ほどではなくても、特級の実力はある
夜宮 あなた (ヨミヤ)
はぁ、実力があっても認めてもらわない限りは任務は2級のものですか…
五条悟
五条悟
そうだね…













伏黒恵
伏黒恵
真希先輩
禪院真希
禪院真希
ん?
伏黒恵
伏黒恵
どうしてあなたは2級術師なんですか
さっき、五条先生との手合わせを見ていましたが、特級に相応していると思います
禪院真希
禪院真希
あぁ…あいつも大変なんだよ
伏黒恵
伏黒恵
禪院真希
禪院真希
ま、私みてぇなもんだ
実力があっても、他の奴らが認めようとしない
伏黒恵
伏黒恵
…そうなんですね