無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

は? なにしてんの? by悟


五条side
夜宮 あなた (ヨミヤ)
悟、今日は用事があるから留守番よろしくね〜
五条悟
五条悟
ん、誰との用事?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
さぁ?誰でしょうか〜
五条悟
五条悟



何その返事の仕方


絶対男とじゃん


あとつけてこ






夜宮 あなた (ヨミヤ)
あ、棘〜!
五条悟
五条悟
は?棘? なに呼び捨てにしてんの?
っていうか、なんで僕以外の男と2人きりでいんの?
五条悟
五条悟
あぁ、もういいや、
家帰って、あなたが帰ってくるの待ってよ

















夜宮 あなた (ヨミヤ)
悟〜、ただいま〜
五条悟
五条悟
夜宮 あなた (ヨミヤ)
悟?
五条悟
五条悟
ねぇ、今日棘と一緒に出掛けてたの?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
なっ!つけてたの!?
五条悟
五条悟
そうだよ
で、なんで僕に内緒で出掛けてたの?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
それは…
五条悟
五条悟
言えないようなこと?


ドンッ



あぁ、もうムカつく


あなたは俺のでしょ

五条悟
五条悟
ねぇ、一生俺に監禁されてたいの?俺の事好きじゃないの?


好きじゃなくなったなら、また振り向かせるから
夜宮 あなた (ヨミヤ)
違うよ?
五条悟
五条悟
じゃあなんで、浮気なんかしたの?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
してないよ!
もう、ちょっと待ってて!
五条悟
五条悟
…分かった
夜宮 あなた (ヨミヤ)
はい!これ!
五条悟
五条悟
え?


何これ、プレゼント?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
もうすぐで1年が終わるから、今年もありがとうっていうお礼だよ?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
男の人が欲しいもの分かんないから棘くんに選ぶの手伝って貰ったの
五条悟
五条悟
そうだったのか…はぁ…



なんだよ


カッコ悪い
夜宮 あなた (ヨミヤ)
悟、私が好きなのは悟だけだよ?
五条悟
五条悟
ん…



ギュ
夜宮 あなた (ヨミヤ)
よしよし
五条悟
五条悟
俺子供じゃないんだけど
夜宮 あなた (ヨミヤ)
じゃあ、なんで一人称が『俺』になってるの?
五条悟
五条悟
っ…
夜宮 あなた (ヨミヤ)
ほら、プレゼント開けてみt…


バタっ
五条悟
五条悟
あなた、棘に教えてもらわなかった?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
な、なにが?
五条悟
五条悟
男がプレゼントに1番欲しいもの
夜宮 あなた (ヨミヤ)
え、ちょ? えっ!?



あなたはこんな僕でも受け入れてくれる



僕が初めて、心の底から愛せた人
五条悟
五条悟
あなた…愛してるよ