無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第74話

呪いの王が私の執事

学校へ行く時
夜宮 あなた (ヨミヤ)
ヤバいヤバい!
制服って着るの苦手なんだよ!


ただ今、遅刻しそうです!
夜宮 あなた (ヨミヤ)
うぅ、ついつい2度寝しちゃうんだよなぁ



だからと言って、直すことは出来ないのだ!
夜宮 あなた (ヨミヤ)
よし!準備OK!
夜宮 あなた (ヨミヤ)
行ってきまーす
両面宿儺
両面宿儺
お嬢?
夜宮 あなた (ヨミヤ)
?どしたの?私そろそろ遅刻するのだが



宿儺はいつも私の世話をしてくれる

たまに生意気?なところもあるが、結局は私のことを気にかけてくれるとてもいい執事だ
両面宿儺
両面宿儺
えりが曲がっていますよ?
それにタイも
夜宮 あなた (ヨミヤ)
えっ!?
私がえりを直すのに戸惑っていると


宿儺は私のえりとタイを直してくれた
両面宿儺
両面宿儺
…はい。これでいいですよ
夜宮 あなた (ヨミヤ)
うん!ありがと^^*
夜宮 あなた (ヨミヤ)
じゃあ行ってきます!
両面宿儺
両面宿儺
行ってらっしゃいませ^^*