無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

しょりそうの愛の確かめ方
松島聡side
松島聡
松島聡
はぁっ、、、はぁ、、、っ!
菊池風磨
菊池風磨
おはようございます。って松島?どうした?大丈夫か?
しまった!風磨くんが来ちゃった。まだ早いし大丈夫かと思ってたんだけど。
松島聡
松島聡
だ、大丈夫!、、、ちょっと発作が出ただけだから
菊池風磨
菊池風磨
発作?発作って
あ、言っちゃった
松島聡
松島聡
なんでもない笑それより今日の仕事さー
誤魔化して話題を変えようとしても風磨くんには通用しない
菊池風磨
菊池風磨
松島、俺たちに隠してること何かない?
松島聡
松島聡
な、なんにもないよ?
菊池風磨
菊池風磨
言いたくないんだったら無理に言えとは言わないけど、ちゃんと言えよ?
そんな、、、言えないよ

俺が






パニック障害









ってこと。
菊池風磨
菊池風磨
勝利も心配してたぞ?







え?!勝利が?





菊池風磨
菊池風磨
松島、最近ボーッとしてんの多いし、笑顔がぎこちないってさ






やっぱり勝利にはかなわないよね?





菊池風磨
菊池風磨
何隠してるかは知らないけど、勝利には言った方がいいんじゃねぇの?
松島聡
松島聡
え、、、あ、、、うん。そーだよね?
菊池風磨
菊池風磨
それに彼氏に心配かけたままでいいのか?あいつ、心配しすぎて仕事放り出して聞きに来るぞ?




うぇ?!マジで?!やっぱり、、、ちゃんと言った方がいいよね?