無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

ふまけんの愛の確かめ方⒊
中島健人side








俺は櫻井くんにお姫様抱っこされベットに降ろされた






櫻井翔
櫻井翔
健人、ほんとにいいの?
中島健人
中島健人
いいんです。風磨の事忘れたいから。櫻井くんで俺を満たしてください
櫻井翔
櫻井翔
っ!めっちゃ可愛じゃん!
中島健人
中島健人
櫻井くん、、、俺、、、
櫻井翔
櫻井翔
敬語辞めてよ。こんな時に
中島健人
中島健人
でも、、、
櫻井翔
櫻井翔
それに櫻井くんもやめて?
中島健人
中島健人
じゃあ翔くん
櫻井翔
櫻井翔
ダメ!翔ってよんで?
中島健人
中島健人
え、、、
櫻井翔
櫻井翔
じゃあヤらない。
中島健人
中島健人
あ、、、し、翔!お願い!ヤッて?
櫻井翔
櫻井翔
よく出来ました
そう言って甘い深いキスをしてくれる





風磨のキスとは全然違う優しいキス、、、
櫻井翔
櫻井翔
クチュクチュチュク
中島健人
中島健人
ん、クチュんぁ、ん、、、、
櫻井翔
櫻井翔
めっちゃ色っぽい
中島健人
中島健人
あ、翔!んぁ
櫻井翔
櫻井翔
次どこ触って欲しいの?



そう言いながら俺の胸の突起を舌でころがす
中島健人
中島健人
ん!あぁ、、、し、したも、、、、
櫻井翔
櫻井翔
した?したって?
中島健人
中島健人
いじわる。ん!
櫻井翔
櫻井翔
ちゃんと言ってくれなきゃわかんないよ?
中島健人
中島健人
あ、、、俺の、、、お、おちん、、、ちんを、、、触って?
櫻井翔
櫻井翔
フフッよく出来ました。ご褒美!
中島健人
中島健人
ん!んあぁ!、、、あん!あぁんっ、、、
櫻井翔
櫻井翔
声可愛すぎ、我慢出来ない
中島健人
中島健人
お、俺も!俺も翔の
そう言って翔のを舐める
櫻井翔
櫻井翔
くっ!はぁはぁ、、、け、健人、、、
中島健人
中島健人
クチュクチュチュポチュプクチュクチュ
櫻井翔
櫻井翔
ヤバい!健人もういいから
中島健人
中島健人
    へほ、、、
(でも、、、)
櫻井翔
櫻井翔
それより健人の中に挿れたい
中島健人
中島健人
う、うん
櫻井翔
櫻井翔
挿れるよ?



そう言って翔の大きいのが俺の中に一気に入ってくる



中島健人
中島健人
んぁ!あぁんっ
櫻井翔
櫻井翔
動くよ?
中島健人
中島健人
コクッ
中島健人
中島健人
んぁ!、、、ん!あぁ、、、んぁ
櫻井翔
櫻井翔
健人の中めっちゃ気持ちいい
中島健人
中島健人
んあぁ!あぁんっ!ん!
中島健人
中島健人
翔!イク!イ、く、、、
櫻井翔
櫻井翔
俺も、一緒にイこ
中島健人
中島健人
ん!んぁ!んあぁんっ!!
櫻井翔
櫻井翔
、、、っ、、、
中島健人
中島健人
ハァハァハァん、、、、ハァハァハァ
櫻井翔
櫻井翔
健人?大丈夫か?
中島健人
中島健人
大丈夫です。ハァハァめっちゃ気持ちよかったから
櫻井翔
櫻井翔
ありがと!健人こそ可愛かった
中島健人
中島健人
ありがとうございます。
櫻井翔
櫻井翔
ねぇ、やっぱり俺にしない?
中島健人
中島健人
え?
櫻井翔
櫻井翔
忙しいし、グループも違うから風磨よりは一緒に居られないけど、、、俺と付き合わない?
中島健人
中島健人
でも、、、、
櫻井翔
櫻井翔
俺は毎日健人のことだけを思って生きる。健人は?
中島健人
中島健人
あの、、、、
櫻井翔
櫻井翔
健人のホントの好きな人は?










俺のホントの好きな人?










それは、、、
櫻井翔
櫻井翔
今、風磨の事思い出したんじゃない?
中島健人
中島健人
え?!そんな事、、、
櫻井翔
櫻井翔
あーあ!風磨の事忘れさせようと思ったのになー
中島健人
中島健人
俺は、、、
櫻井翔
櫻井翔
ねぇ健人。俺はね?ほんとに好きな人の隣にいることはとても幸せなことだと思うんだ。
中島健人
中島健人
はい、、、
櫻井翔
櫻井翔
健人はいいの?その幸せ逃しても
中島健人
中島健人
俺は振られたんですよ?今さらどうこう言ったって許してくれるわけないじゃないですか
櫻井翔
櫻井翔
ふぅーん。ま、いいや。とにかく明日も早いし寝るか
中島健人
中島健人
そーですね
櫻井翔
櫻井翔
どこ行くの?
中島健人
中島健人
え?ソファーで寝よっかなって
櫻井翔
櫻井翔
何言ってんの、、、。おいで?
中島健人
中島健人
え?一緒に寝るんですか?
櫻井翔
櫻井翔
いや?
中島健人
中島健人
嫌っていうか、、、
櫻井翔
櫻井翔
もう、襲わないからおいで?笑
中島健人
中島健人
ん、、、、分かりました










その夜俺は翔くんの腕の中で寝た。