無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

ふまけんの愛の確かめ方
菊池風磨side


あーーもう健人可愛すぎでしょ!あんなの我慢できないわ


でも、未だに恥ずかしくて健人のこと、みんなの前では中島って呼んじゃう。


でも、二人きりの時だけは健人って呼べるんだよな。


なんか俺の!って感じじゃん
菊池風磨
菊池風磨
ここでいいや、入って
中島健人
中島健人
え?ここ?ここって空き部屋でしょ?てか、めっちゃ暗いじゃん!
菊池風磨
菊池風磨
健人、うるさい
中島健人
中島健人
え?ごめ、、っ!何、、して、、んぁ
健人がうるさいのでキスで黙らせる
中島健人
中島健人
ちょっ、、まっ、、てっ、、ふう、、、ま
相変わらず健人はキスに弱い
菊池風磨
菊池風磨
相変わらずすぐに腰抜かすな!
中島健人
中島健人
風磨が悪いんでしょ!なんでキスして、、
菊池風磨
菊池風磨
ごめん、悪いけどもうおさえられない
そう言ってキスしながら一つ一つ服を脱がしていく
中島健人
中島健人
ちょっ、、待ってって、、んっあ、、風磨
健人の白い首筋を噛みながら優しく触る
中島健人
中島健人
ん、、はぁ、、んぁ、、
感じやすい健人はすでにとろけた顔でこっちを見ている
菊池風磨
菊池風磨
ねぇ?もう、、いいよね?挿れるよ?
感じてとろとろにとけた顔をした健人が頷いた
中島健人
中島健人
んっ、、んぁ!あ、、、ん
健人、めっちゃ気持ちよさそう。このときが可愛いんだよな
中島健人
中島健人
んっ、、はぁ、、まっ、、んぁあ
健人が気持ちよさそうに甘い声で鳴く
菊池風磨
菊池風磨
健人、可愛いよ。もっとオレの感じて?
中島健人
中島健人
ん、、あぁっ、、はっ、、や、、あぁんっ
菊池風磨
菊池風磨
健人?気持ちいい?大丈夫?
感じまくっている健人からはもちろん返事はかえってこないけど気持ちいいのは分かる
中島健人
中島健人
んぁ、、風磨、もう、、、む、、り、、
菊池風磨
菊池風磨
うん。俺もだから、一緒に、、いこ?
中島健人
中島健人
んぁ、、はぁ、、んぁあ!!!
菊池風磨
菊池風磨
、、、っ、、、
中島健人
中島健人
はぁ、はぁ、、ん、、はぁ
菊池風磨
菊池風磨
健人?大丈夫?
中島健人
中島健人
はぁ、、だい、、じょう、、ぶ、、、
意識が朦朧としてるようで途切れ途切れで答える健人
菊池風磨
菊池風磨
激しくしてごめんな?まだ時間あるし、ちょっと寝な。おやすみ
健人に優しくキスをし、寝かせた


健人、ほんとにごめん。忙しくてなかなか会えない間ずっと心配だったから


こんなにも離れたことなかったもんな?


俺は会えないのに勝利とかは一緒にテレビ出てたから嫉妬しちゃったんだ


健人のこと信じてるのに


愛してるのにメンバーに嫉妬しちゃった
菊池風磨
菊池風磨
今日は一緒に帰って俺の部屋で朝まで一緒にいような?
これからも嫉妬するかもだけど健人のこと信じてるよ!


そして、健人だけを愛してるからな!