第109話

❄️
16,858
2023/05/17 11:00




玲奈さんは不敵な笑みを浮かべながら

後ろの男2人に指示するように

後ろに下がる




玲奈
なんで自分の手汚すのよ
玲奈
汚すわけない


玲奈
元の生活に戻りたいって言ったでしょ?
玲奈
こんなことしたら戻れないじゃない



玲奈
だから、あんたを殺した後に私も少しだけ怪我したら私がやったって誰も思わない



あなた

っ、でも康二くん、

玲奈
康二くんは私の味方だもん
玲奈
黙ってくれるに決まってる



そんな考え通用するわけない


そう思っても、殺されるんだったら

関係ないと思ってしまう




玲奈
もー時間の無駄
玲奈
さっさとやっちゃってよ




2人の男は同時に私に近づいて

髪を掴まれる


あなた

っ、



それでもやっぱり死ぬのが怖い

せっかく、味方になってくれた皆にもう会えないと思うと、

私を応援してくれる人達にもう会えないと思うと、


悔しかった





まだ皆ともっといたいし

もっともっとSnowManとして活動を続けたい




あなた

まだ、っ、死にたくない



そんなことを男の人に言えば

ゲラゲラと笑う


オトコ
残念だよね、この子
オトコ
可哀想に


同情なんて口だけで

発言する言葉とは裏腹に

顔はニヤニヤしてて

気持ち悪い




オトコ
でもまあ、諦めな



そんなのわかってる

分かってるんだけど


どこかで、助けに来てって思ってしまう






見つかるわけが無いのに




こんな場所





あなた

おねっ、がい、

あなた

まっ、て、



泣きすぎて

若干過呼吸になる



発する言葉も、上擦る




オトコ
あーあー



オトコ
ほんとに、かわいそ




そういうことを言うだけで、なかなか男二人は手を出してこない



それはそうだ、

人を殺すなんて簡単に出来ることじゃない


むしろなんにも恨みがない人に対しては。








玲奈
もういい、私がやる


男2人がなかなかやらないせいか、痺れを切らした玲奈さんは



置いてあるナイフを片手にとった






そこで改めて思った








もう死ぬんだって


















ひかるさん誕生日おめでとうございます💛










プリ小説オーディオドラマ