第110話

❄️
17,470
2023/05/18 12:00



あなた

れ、玲奈さんっ、



玲奈
大丈夫、
玲奈
ちゃんと私がやったって証拠が出ないようにすればいいだけだから



そう言いながら、徐々に近づいてくる玲奈さん




あなた

まって、くだっさい、






私の必死の懇願も

聞く耳すら持ってくれない








ナイフが私の首にあてがわれたと同時に










" あなた!!! "






聞きなれた声がする


来てくれたんだって







岩本
おい、玲奈、その手離せよ


岩本くんは駆け足で私たちに近寄ってくる



それだけでも、涙が止まらなかった






あなた

い、わもとくんっ、




助かった


そう思ったのに




玲奈
来ないで!!



あなた

っ、




首にあてがわれたナイフを持ってる手に力が入るのがわかった



血が垂れてるのがわかる




渡辺
おいっ、玲奈っ!


渡辺くん、目黒、康二くん


みんな来てくれてる








玲奈
康二くん、、言ったの?
玲奈
みんなに



すごく悲しそうに、そう訴える玲奈さん

顔を見ると泣いていた





向井
玲奈、間違ってる


康二くんは1歩ずつこっちに向かってくる




向井
俺は、玲奈に協力してしまった
向井
そんな俺が言えるような事じゃないけど





向井
俺はもう玲奈の味方にはなれない




そういった途端

玲奈さんは笑いだした




玲奈
もう、終わりじゃん、




玲奈
あんたのせいで計画が台無し!



向井
玲奈っ!




玲奈
動かないで!!



玲奈
ちょっとでも動いたら、この女殺すから




また、ナイフを持ってる手に力が入る




徐々に血がナイフを伝って床に垂れていく




あなた

れっ、いなさんっ、




だんだん痛みがわかるとこまで来てて

これ以上切られると危ないってわかった




玲奈
なんでこの子なの、
玲奈
なんで、皆、、



玲奈
こいつの味方なの、




玲奈
なんで、




玲奈
私じゃないの












プリ小説オーディオドラマ