無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

800
2018/05/02

第18話

防弾少年団
ショッピングモールのど真ん中にあるステージの周りには沢山の人が集まっていた。








そんなに人気のアイドルだったのか。




ばんっ。

大きな音と同時に、ステージに現れる、
7人組の人たち。










眩しい。
あなた

これが、今の防弾少年団。


すごくかっこいい。
歌もダンスもすごい!!!!
ナムジュン
みなさーん、楽しんでいますかー?
きゃー!!!!!!
じょんぐく
まだまだ、これからですよ〜
てて
いっぱい楽しんで行きましょーう!!





ん?なんだろこの違和感、


あの人見たことある気がする。







でも、誰だかわかんないや。



私は最後まで防弾少年団のイベントを見て行った。
ひびき
お、あなたじゃん!
お前もみに来てたのか!
あなた

たまたま来たらやってたから、見てた!

ひびき
めっちゃ、かっこいいよな!!
あなた

ほんとかっこいい!!

ひびき
あいつ本当にすげえなぁー!!
あなた

あいつ?

ひびき
ほら!Vだよ!!
あなた

V?

ひびき
は、お前、知らねーの?
あなた

えっ、なにが、、、わっ。

沢山の人に押されて、ひびきとはぐれてしまった。





V?だれ?