無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

814
2018/05/01

第15話

カリカリカリカリ、、、。


教室に響き渡る、ペンの音。


でも、私のペンは進まない。









昨夜の夢が頭から離れない、
あなた

はぁ

すると、隣からチョコが投げられた。
てて
(´・ω・`)✌️
私を元気づけようとしてくれてるのか。





きーんこーんかーんこーん。




講義が終わった。
てて
あなた、大丈夫か?
顔色悪いよ
あなた

大丈夫。ありがと

立ち上がった瞬間、
目眩がした。



あれ、なんで。




視界はぐらりと反転し、


私は意識を手放した。