無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
1,241
2018/04/26

第1話

隣の席
私は受けたい講義の教室にやって来た。


すると、隣に眼鏡の男の子が座った。
てて
隣いいー?
いいって、もう座ってるじゃん!

別に嫌でもないので、
隣に座ることを許した。
てて
名前なんて言うのー?
あなた

あなただよ

てて
ふーん。あなたか。
うん、おぼえた!!
これから、よろしくね!
あなた

う、うん

すごく人懐っこい性格だなぁ〜











その性格、羨ましいよ。