無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

732
2018/05/06

第29話

決断
私が落ち着いたあと、
家までテヒョンが送ってくれた。



あなた

ありがとう

てて
うぅん!これくらいどうってことないよ
あなた

なんで、話してくれたの?

てて
俺、本当はさ、
今のあなたとの関係が話したら崩れちゃうんじゃないかって怖かった。

でも、あなたがライブに来た時に、俺に気づいてくれなかったことがなんか悔しくて。

正体を明かしたくなっちゃったの
あなた

え?
それってどういう意味?

てて
また今度ちゃんと話すよ、
今日はもう休みな、
あなた

うん。わかった。本当にありがとう。

てて
あ、あと、幼馴染だからって簡単に男について行っちゃダメだよ?
あなた

え、うん?

てて
ばいばーい!また明日ね!
あなた

うん!また明日!




いまいち言葉を理解できないまま、

家に入った。


そして、ゆうき兄さんの仏壇の前に座る。


あなた

ゆうき兄さん、テヒョンから聞いたよ。
テヒョンを守ってくれてありがとう

あなた

目標見つけたよ。
私、とにかく頑張ってみる。
テヒョンに負けないくらい本気で頑張る。

あなた

どれくらいかかるかわからないけど。
応援しててね、ゆうき兄さん。






手を合わせ、目を瞑る。


そして、立ち上がるのだった。