無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

807
2018/05/01

第13話

過去
ゆうき
あなた。こっちにおいで
あなた

ゆうき兄さん!!待って!!

どてっ。

かけてしまった私を兄が持ち上げてくれる。
ゆうき
大丈夫かー?
あなた

うぇええええええん。

ゆうき
あー、泣くな泣くな!
ほら、兄ちゃんがおんぶしてやる!


私を背中に乗せ歩き出す。
ゆうき
あなたは俺がいなきゃダメなんだな!
にかっと笑いかける。



それをみて、私も自然と笑顔になる。





あー、この時間が長く続けばいいな。





そういう時に限って目は覚める。
あなた

んん、、、。夢か、、、。



私の兄さんとのの幼少期の記憶。

たまにこうやって夢に出る。





しあわせな時間が。