無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

844
2018/04/30

第9話

疑問


昨日のじみんくんの言葉が頭から離れなくてねれなかった、、、。


寝不足だよ。
あなた

あー、眠い。

てて
俺も眠い
あなた

わっ

てて
おはよー、驚かせちゃった?
あなた

うん。びっくりした。

てて
ごめんごめん。一緒に学校行こ?
あなた

ねぇ、私とじみんくんって前にも会ったのかな、、、

てて
、、、。気になる?
あなた

うん。

てて
、、、。



数秒間私たちは黙って見つめあっていた。



じみん
おーい!てひょーん!みらいちゃーん!
てて
あっ、じみな!
じみん
おはよ!どうして二人で見つめあってたの?
てて
なんでもないよ!行こ!
あなた

えっ、うん、、、。




疑問が残る中、大学へと向かうのだった。