無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

あ?
あなたside………

私は今、SWORD地区にいる。

辺りは、日が暮れ真っ暗だ。
ザコ男1
お姉さん!
俺達と遊びませんか?
あなた

は?

ザコ男2
暇なんでしょ?
いい店知ってるからさ、一緒に行かない?
あなた

ハァ………ボソッうぜぇ

ザコ男1
何か言ったか?
あなた

チッうぜぇって言った

ザコ男2
なめやがって
顔面めがけて、男の拳が飛んできた………












広斗side………




何か、さっきからうるせぇやつらがいるな………
絡まれてんじゃん
広斗
広斗
雅貴……
行くぞ
雅貴
雅貴
お兄ちゃんって呼びなさ~い!

仕方ないなぁ………
絡まれてるの女の子じゃん




俺達は、バイクから降りて助けに?行った。












あなたside…………


私は、飛んできた拳を軽々と受け止め相手に思い切り蹴りを入れた。
ザコ男1
グハッ……
ザコ男2
オラァ!
あなた

ドカッ!バキッ!

ザコ男2
うわぁ!く……くそ!



男達は、尻尾を巻いて早々と逃げていった………
あなた

弱っ………



このあと、どうしよ………
行くとこないし……
広斗
広斗
おい
あなた

あ?

雅貴
雅貴
大丈夫?
あなた

あんたら誰?



声をかけてきた2人の姿が街灯の下に出てきた。




あなた

雨宮兄弟?

雅貴
雅貴
俺達の事知ってるんだ

ってかケガない?
あなた

別に、無いけど
あ………



私の手を見ると少し、切れていた。
あなた

大丈夫っしょ

雅貴
雅貴
いやいやいやいや!
女の子の手にケガなんて作っちゃだめでしょ!
あなた

ケガとか日常茶飯事なんだけど………

広斗
広斗
お前、名前は?
あなた

フッ………“黒猫”って知らない?

雅貴
雅貴
…………黒猫って!
広斗
広斗
黒崎あなた………
あなた

よくご存じでw

広斗
広斗
その黒猫がSWORDに何の用だ
あなた

別に………
ただ、家出してきただけ……

雅貴
雅貴
家出⁉
広斗
広斗
行くあてはあるのか?
あなた

無いけど………
それが何か?

広斗
広斗
俺達のとこに来い
手当てしてやる
雅貴
雅貴
めっずらし……
広斗
広斗
うるせぇ……
雅貴
雅貴
お兄ちゃんに向かってうるせぇってなんだ!うるせぇって!
広斗
広斗
そのまんまだよ
雅貴
雅貴
広斗が冷たい………
広斗
広斗
いつもの事だろ
あなた

www

雅貴
雅貴
あ、笑った顔可愛い
広斗
広斗
お前、バイクは?
あなた

あ…ある

広斗
広斗
じゃあ、ついてこい
あなた

分かった

雅貴
雅貴
あとで、あの黒猫のバイク見たいな………
あなた

お好きなだけどうぞ……

雅貴
雅貴
まじで⁉やった!











―雨宮家―
あなた

おじゃまします

雅貴
雅貴
まず、シャワー浴びてきな
あなた

あ、はい




シャワー上がり…


あなた

すみません……
着替えが……

広斗
広斗
雅貴
お前の何か持ってけ
雅貴
雅貴
はいはい

どうぞ
あなた

あ、キャッ!
ありがとう///



ヤバい……裸みられた?
あなた

シャワーありがとう

広斗
広斗
……何で家出してきたんだ?
あなた

親とケンカ?

雅貴
雅貴
今、いくつ?
あなた

19……もうすぐで20

雅貴
雅貴
若っ!
それなのに、ケンカ強くて有名とか………
広斗
広斗
んで?
SWORDに来たと……
あなた

暇だったから……

広斗
広斗
あっそ
とりあえず、手出せ
あなた

あ、はい

雅貴
雅貴
あなたちゃん、今日は泊まっていきな
もう、時間遅いし
あなた

え?遠慮する………

広斗
広斗
いいから泊まってけ
行くとこ無いんだろ?
あなた

分かった……

雅貴
雅貴
でもね、ベット2つしかないんだ
どうする?
あなた

どうって……

広斗
広斗
雅貴と寝るか、俺と寝るか
雅貴
雅貴
どっちがいい?
あなた

どっちでもいい

雨宮兄弟
じゃ~んけ~ん

ぽん!















次話へ続く______。