無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

10年前のあの日
「わぁ〜!お花がいっぱい〜!」

さくらは家の近くの花畑に来ていた。そこにはたくさんの種類の花が咲いていた。

「君もお花が好きなの?」

そこには1人の男の子が立っていた。

「うん!お花がお母さんが大好きなんだ!」
「僕もだよ!ねぇ、一緒にあそぼっ!」
「うん!」

さくらと敬はあっという間に友達になっていた。

「ねぇ、君はずっとここに居るの?」
「ううん、夏休みが終わったら帰るよ〜。」
「じゃあずっと一緒に遊べないね、、。」
「じゃあまたここで会う約束しよう!」
「10年後に僕はここで待ってるよ!」
「絶対にまた来るから!約束だよ?」
「当たり前だよ!」

「じゃあ、また会おう!」
「うん!」