無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第39話

交流会・団体戦 ⑧
作者 :

前のチャプター書き直したんでそっちから読んでいただけると有り難いです!!


________________________



西園寺side





制服に赤黒いシミが広がり、


地面を赤く染めていく


あなた
あ 、… ゔ っ …
狗巻棘
いくら!!!
あなた
…大丈夫、だよ …こんなの、大したことじゃないから … ぃ゛







今 、何が起こった … ?







私が棘くんを庇った時 、何かが私の肩を貫いた







花御
人間というのは実に愚かですね
あなた
…… その木の球か 、





あれが 、私の肩を貫いたというのか ?







嘘だろ 。あんな小さな球が ……




狗巻棘
高菜、明太子!いくらツナ!!
あなた
ちゃんと意識はあるし、目も見える 、この程度じゃ死なないよ
あなた
それと、棘くんのせいじゃないから大丈夫だよ
狗巻棘
しゃけ?
あなた
うん 、私が後先考えずに飛び込んだのが悪かったよ
花御
死なない?あなたの傷は致命傷のはず、
花御
その出血じゃ5分経つか持たないかですよ?
あなた
舐めじゃねえよ



私は傷口を押さえながらゆっくり立ち上がる



出血は相変わらずひどい 、



あぁ、どうしよう … 術式が使えないから処置も出来ない 。



花御
それでも私と戦うのですか?
あなた
… ああ
狗巻棘
おかか!!ツナマヨ!
あなた
そうだね 、でも悟はもう気づいてるんじゃないかな?
あなた
だから、せめて足止めくらいは …… っあ、



もう … ?





体がフラついて視界がぼやけて来た 、





… そのフラつきで私の目を覆っていた目隠しが取れる




花御
!!… あなたは …







惨めだな …… 私 、












花御
あなたは … 西園寺あなたですね?





next _