無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

特訓っ!!



特訓初日








伏黒side


あなた
まず、恵の実力が見たい
伏黒恵
うん
あなた
なので、3分間付き合え
伏黒恵
…3分??
あなた
おん
伏黒恵
短かッ…
あなた
え、十分じゃね?


忘れてた、あなたは普通に比べてだいぶ変だった…( (




あなた
私に指一本でも触れられたら勝ちね
伏黒恵
…分かった
あなた
本気で来てね?
伏黒恵
言われなくても
あなた
んじゃ、パンダおねがーい
パンダ
よーい、始め!!





合図とともにまずは「玉犬」を出す




あなた
お決まりのね、
伏黒恵
あなたを捕まえろ



玉犬があなた目掛けて走り出す



あなた
あははw鬼ごっこだぁ!!
伏黒恵


ガキかよ、





玉犬に追いかけられながらもこちらに向かってくる


これは勝負だ、俺もあなたに触れられたら負け…


だから、





伏黒恵
 蝦蟇がま__不知井底



向かってくるあなたと俺の間に式神を出す





あなた
わ、かえるだ。



横移動をしても舌が伸びるから高く上に飛ぶしかない…



だから、






あなた
…飛ぶしかないのか、




よしッ、計算通り。




あなたが高く飛んだ







伏黒恵
…落とせ。
あなた
え、忘れてた…ッ




_鵺_



全て計算通りだと思った、



でも、全てがこんなにうまくいくはずがない…












伏黒恵
…は??



鵺が命令通りあなたを落としたと思った



でもあなたは、




あなた
よっ、



空中で身を捻って避けた



なんて反射神経………


伏黒恵
は、しまった…!!



感心してたら見失ってしまった…



どこだ、どこに…!








チャキ


あなた
はい、死んだ。
伏黒恵
…!?



いつの間にかあなたは俺の背後にいた






next _