無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第40話

交流会・団体戦 ⑨


西園寺side




あなた
だったら何だよ?
花御
片目が六眼でもう片方は透明は目を持った最強呪術師 ……
あなた
呪霊界でも有名なんだね … でもなんか嬉しくないなぁ 、笑
花御
今回の計画にはあなたの名前は無かった 
あなた
… 計画?お前ら何人で来てんだよ、
花御
でも変ですね 。呪力の流れが感じられません
花御
本当に西園寺あなたですか?
あなた
あんたさっき眼見たじゃん … ( )
あなた
呪力の流れがないのは簡単な暗示をかけられているから
花御
… 何故?
あなた
… こちとら楽しい交流会だったんだよ!!なのにお前らが襲ってくるから!… 
あなた
… い゛っ …てぇな!!!←
花御
それはそれは
あなた
てめ …… ←口悪いね
花御
しかし今回の計画にはあなたは勿体ないので消えてもらいます
あなた
…………… は?



その言葉と同時に地面が揺れる



…… は?なにこれ 、木の根っこ??




あなた
んだよ、これ … あ゛っ?!




ヤバイな 、避けようと跳ぶけれど肩の傷が痛んで足元が定まらない 。




狗巻棘
ツナ!




すると突然棘くんは私の首襟を掴み





あなた
え 、ちょ 、何すんの????????






私を持ち上げ









あなた
ねねねねねねい゛、ああああ゛ッ ←
あなた
ぎやぁぁぁぁぁぁぁぁぁ゛( (




空に放り投げる







あなた
待って待って待って待って 、は?どゆことや!!… うーわぁぁ゛!!!!!!!



めっちゃ青空舞ってるよぉぉぉぉ



飛んだらよぉぉぉぉぉ



怖いよぉぉぉぉぉ






狗巻棘
高菜!!





え 、あとは任せろだと??




ふざけんなよ …… 私も戦いたかったのに 、






あなた
死なないで!!私が来るまで絶対に死なないでね!!!!!





next _