無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第43話

交流会・団体戦 ⑫


西園寺side








あなた
帳が …!
庵歌姫
あなた達だけでも先に行きなさい!
あなた
うん 、!







帳が完全に降りる前に滑り込もうとした瞬間











『 バン!!!! 』










あなた
うあ?!?
五条悟
?!… 大丈夫か?
あなた
、うん … 何これ 、






見えない何かに弾き飛ばされた





悟が手をかざすと ……





五条悟
… ッ …?




ビリビリと電流が流れ始める




…… これじゃあ 、帳の中に入れない 、






あなた
どうするの、?




それどころか 、棘くん達を助けられない …




今 、死ぬ気で戦ってくれていると言うのに




私は外で相手が倒れるのを待っているしかないの …?






あなた
そんな … 棘くん!!!



必死で叫んでも聞こえない



助けられない …



まただ 。あの時みたいに助けられた命も助けられないのかな 、、





あなた
ごめん、ね …
庵歌姫
… ちょっと 、どういうことよ
あなた
… ?
庵歌姫
何であなた達が通れなくて私が通れるのよ …
あなた
……… え 、っ
五条悟
……… そいういことか 、!
五条悟
この帳は対特級呪術師専用だ
あなた
… その代わり特級呪術師以外は皆通れるようになっている 、
庵歌姫
確かに … それだったら足し引きの辻褄は合うかもしれない ……
あなた
でもそんな無謀な帳なんて聞いたことない!
五条悟
聞いたことないだけで実際にそれが僕たちの目の前にある
五条悟
よほど腕の立つ呪詛師じゃないと無理かもね
庵歌姫
とりあえず私たちは学生の保護に行く
あなた達は …
五条悟
問題ない 。僕たちもすぐ合流するよ
あなた
いおたん 、皆んなをお願い … 。
庵歌姫
分かった!










いおたんたちは暗い帳の中へと消えていった






五条悟
よし … 僕たちもやるよ
あなた
… うん 、!
あなた
みんな死なないでね …





next _