無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第26話

じゅじゅさんぽ







.









五条悟
恵くーんッ!!!
伏黒恵
ゲッ、…←
五条悟
ゲッ、ってなに?ん??
伏黒恵
あ、いえ…( )
五条悟
昨日の事、覚えてるよねぇ?


不敵な笑みを浮かべる五条、




昨日のデートをすごく根に持っているのだろう…




伏黒恵
あぁ……はい、
五条悟
ついでにあなたに食べさせてもらって?
五条悟
随分とまぁ、いいご身分で(ニコニコ



五条の笑みからは殺意しか感じられない…笑



伏黒恵
…あ、俺今日は任務d
五条悟
嘘はつかなくて大丈夫だよ。
五条悟
任務なんてないもんねぇ??
伏黒恵
………は、い
五条悟
担任を甘く見てもらっちゃ困るなぁぁ??



伏黒、本気で命日だと感じる



五条悟
恵〜


五条は後ろから恵をがっちりホールドする




と、その時…



あなた
悟〜?さとr………


2人の格好を見て固まる西園寺




そして出た一言…




あなた
…………え、あ、そういう、関係…?
伏黒恵
……え?
あなた
う、うん、いいと思う……よ。
あなた
LGBTって、今…ね、問題になってるし……
伏黒恵
何を言ってるんだ…?




西園寺が見た光景…




五条が伏黒をホールドしてる姿は


外から見たらただのバックハグに見える…



あなた
恋に性別なんて関係ないし、ね…はは、



西園寺はとんでもない勘違いをしているのだ


伏黒恵
まてまてまて、あなた、それは…
あなた
あ、じゃあ、私はこれで………!
伏黒恵
おい、待て!!!




そのまま走り去ってしまった




伏黒恵
はあ……














この後、













誤解を解くのに大変だったと云う





next_