無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

544
2018/10/13

第21話

私の秘密、それはね_____21話
碧佳
あなた…あなた…泣
そらちぃ
なんでこんな別れ方しなきゃいけねーんだよ…
ツリメ
神様は残酷…
リクヲ
もっと一緒にいたかった…
エイジ
碧佳
エイちゃん…大丈夫…?
エイジ
ごめん、もしかしたら失礼なことかもしれないけど…言ってもいいか??
そらちぃ
なんだよ…
エイジ
この手紙、あなたらしくないよな??
ツリメ
あなたらしくないって…?
エイジ
いや、なんかわかんねーけど、あなたの本当の気持ちが書かれてない気がしたんだよ…
リクヲ
じゃあ、本当の気持ちがどこかにまだある、ってこと…?
エイジ
分からねーよ、分からねーけどさ…
碧佳
探そ、
エイジ
え…?
碧佳
エイちゃんが言うなら、きっとそうだよ
エイジ
ありがとう…
碧佳
うん…




私達は、公園を隅々まで調べた。




しかし、何も出てこなかった…





エイジ
やっぱ、俺の気のせいだったんだわ…
エイジ
ごめんな、みんな
そらちぃ
ううん、謝るなって
ツリメ
じゃあ、あなたのお母さんに、あなたの最後のメッセージ受け取りました。って伝えに行こっか…
リクヲ
そうだね…








そう言って、立ち上がると_____




















































エイジ
おい、ちょっと待って…
碧佳
どうしたの…?
エイジ
もしかしたら、さっきのは俺の気のせいじゃなかったかもしれねー…






───────────────────────────────────
作者
21話は終わります!
作者
昨日、更新できなくてすみませんでした。
作者
今日あった文化祭の準備で疲れていたため、小説を更新することをすっかり忘れていました…
作者
明日からは、きちんと更新します、!
作者
では、また22話でお会いしましょう!