無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

あなた「」  SO『』




『おはよ』


「ん、おはよ」


そう言いながら聡くんは私のおでこにキスを落とす


これが私達カップルの日常


『朝ごはん食べよっか』

「今日はパンにするねっ」


『やったあ』


このパンにすると言っただけで弾ける笑顔。

なんて可愛いんだろう



はあ今日も松島が好きだ