無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

いざ英雄高校へ!
                数日後
桃奈
桃奈
行ってきまーす
乱数
行ってらっしゃい♪
一郎
皆で交代交代で迎えにいったりするからな
桃奈
桃奈
りょーかい
               一年A組
天哉
机に足をかけるな!
勝己
あ"ぁ?
天哉
英雄の先輩方や机を作ってくださった方々に
申し訳ないとは思わないのか!
勝己
あ"ぁ?てめぇどこ中だよ!💢
天哉
ボt…俺は市立聡明学校出身飯田天哉だ
勝己
聡明?クソエリートじゃねぇか
勝己
ぶっ殺しがいがありそうだな
桃奈
桃奈
うるさいなぁ
桃奈
桃奈
他の人の迷惑なの…黙ってくれない?
勝己
あ"ぁ?誰だよてめぇ!
桃奈
桃奈
桃奈だよ…後は今貴方だけのために話すことはないから
桃奈
桃奈
私の席は…窓際に一人か
桃奈
桃奈
あ、先生居るの分かってるんでさっさと初めてください
イレイザーヘッド
気付いてたのか…まぁいいか
イレイザーヘッド
静かになるのに8秒かかりました君達はつくづく合理性に欠けるね
一年A組
(なんかいた!)