無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

個性把握テスト開始!
イレイザーヘッド
とりあえずこれ着てグラウンドに出ろ
                グラウンド
一年A組
個性把握テスト!?
お茶子
入学式は?ガイダンスは?
イレイザーヘッド
ヒーローになるならそんな悠長な行事…
イレイザーヘッド
それに
桃奈
桃奈
ここは生徒のある程度の自由が許される
桃奈
桃奈
それは先生達も同じ…
桃奈
桃奈
例えば~クラス全員初日で除籍処分したり…ね?
桃奈
桃奈
こんなことを言うのもやるのも先生の自由
イレイザーヘッド
その通りだ
イレイザーヘッド
まぁおまえらも中学からやってるだろ?
イレイザーヘッド
個性仕様禁止の体力テスト
イレイザーヘッド
国は未だ確率的な平均点を作り続けている
イレイザーヘッド
合理的じゃない
イレイザーヘッド
まぁ文部科学省のたいまんだな
イレイザーヘッド
実技入試試験のトップは爆豪だったな
イレイザーヘッド
中学の時ソフトボール投げ何メートルだった?
勝己
67m
イレイザーヘッド
んじゃ個性使ってやってみろ
イレイザーヘッド
円から出なけりゃなにしても良い
イレイザーヘッド
はよ、思いっきりな
勝己
んじゃまぁ
勝己
死ねぇぇぇぇぇぇぇぇえ!
出久
…死ね?
イレイザーヘッド
まずは自分の最大限を知る
イレイザーヘッド
それがヒーローの訴状を訂正する合理的手段
電気
705mってマジかよ
三奈
なにそれ!面白そう!
範太
個性思いっきり使えんだ!流石ヒーロー科!
イレイザーヘッド
面白そうか…
イレイザーヘッド
ヒーローになるための三年間
そんな腹づもりてま過ごす気で居るのかい?
イレイザーヘッド
あ、なら最下位は見込みなしとして除籍処分にしよう
一年A組
はぁぁぁぁぁぁぁぁあ!?
イレイザーヘッド
生徒の遺憾は俺たちの自由
イレイザーヘッド
ようこそこれが英雄高校ヒーロー科だ