無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第61話

学校の行事いいこともあったんやぞ!
作者
作者
どもども!
作者
作者
いやぁー可愛い可愛すぎる!
作者
作者
あっどもです!
作者
作者
みなさん!聞いてください!
作者
作者
共感してくれますかね?
作者
作者
まぁとりあえず聞いてや!
作者
作者
僕のクラスにすごく可愛い男の子がいてほんとにかわいくてやばいの!
作者
作者
それでね!まぁ僕の最推しの男の子が同じ班でうわぁぁぉぁぁぁ
作者
作者
あっ取り乱したわwww
作者
作者
ほんとにすごく可愛くてやばくてほんとに可愛くてもう一日中見てていいなら全然見てられる!てか見たい!くらいで
作者
作者
他にも可愛い男の子がいてその男子は仕草が可愛くてなんか僕的になんか動くたび可愛い気がするてか可愛い!!
作者
作者
他にもいるんだが僕はその2人が特に可愛いと思ってる!
作者
作者
この子たちは僕と同じクラスなんだけど
作者
作者
もうほんとに可愛くて可愛くて可愛くて可愛くて恋バナに参戦したんやけどそのときに
作者
作者
ある友達とめっちゃその2人が可愛いよねって語ってたwww
作者
作者
しかも僕の最推しの男の子は同じ班やからご飯のときになぜか奇跡的に向かいあわせやったんよ!
作者
作者
その時に僕はまぁ観察してたわけだけどたまに話したりできて嬉しくて!特にポテト食べてるんやけどなんか小動物みたいに可愛く食べててまじで可愛くて鼻血出るかと思ったわwww
作者
作者
まじで可愛くてたまに可愛い仕草もやってくれるしファンサがすごかった!
作者
作者
まぁ僕が言いたいことは可愛い男子は最高ってことかな!可愛い男子っていいよね!共感できる人いるかな?
作者
作者
では僕の可愛い男の子語りでしたぁーwww
作者
作者
おつじゅー!