無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第16話

僕に自由はないのか…………
作者
作者
どうもジューゾーです!
作者
作者
皆さん聞いてくださいよ 
作者
作者
実はですねなんか 僕はある劇場に強制的にいれられたんですけどその劇場は心を豊かにするとか人と関わる会なんですけど
自分人と関わるの正直いって大嫌いいなんですよ!
作者
作者
そしてなんか僕の友達がなんかサークル会で
友達とカラオケ行くんだといってしまった訳ですよ
作者
作者
僕の友達は全然悪くないんですよ!
作者
作者
なんかそれによって
年上の人からそれってどうなの?って
言われたらしいんですよ
作者
作者
その友達は高校生なんですけど
なんかそれによって怒られたらしいんですよ
作者
作者
なんか僕がいる劇場にはきまりがあるらしく
なんかそういうカラオケとかそういうところに行ってはダメらしいんですよ
作者
作者
しかも劇場で知り合った子と遊びに行くのはどうなの?とかいみわかんないですよね!
作者
作者
それに加えて友達になるのもいけないんじゃないの?とか言われてもうマジでキレれそうになりました
作者
作者
はぁまじでおかしいですよね
作者
作者
僕だから前から嫌だったのにもっといやになってもう僕劇場やめようと思いました!
てかやめます!もうこの劇場潰せるなら潰したいです!!
作者
作者
大人って怖いですよね!
子どもの自由を奪って僕たちに自由はないのか!おかしいだろ!もういっそ殺気すらわいてきました
作者
作者
なんかすごい愚痴部屋みたいになっちゃってすみません!
作者
作者
僕の愚痴を聞いてくれた方ありがとうございました。
作者
作者
是非このことについてコメントください!
作者
作者
では、じゃねばい!