無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

7
ナルトとの試合は私が棄権をした、
キリト
キリト
手当受けてこいよ
秦
結構深い傷だね
神門 零
神門 零
うん...行ってくるよ
3代目
3代目
神門零じゃな
神門 零
神門 零
!?
神門 零
神門 零
火影様
3代目
3代目
今回のこと...私から水影に話してみよう...
3代目
3代目
里のものたちが済まなかったな
神門 零
神門 零
いえ...
神門 零
神門 零
うずまきナルト...不思議な人ですね
医療室から観客席へ戻ろうとする零
神門零だな
神門 零
神門 零
?!
お前を捕獲する
シュタ
神門 零
神門 零
なるほど...さっき私を狙ったクナイお前らだったのか
神門 零
神門 零
水遁水陣壁の術
うわぁあ...
キリト
キリト
おっ!帰ってきたな
秦
今ちょうど、うちはサスケと砂隠れの我愛羅が戦ってるよ
神門 零
神門 零
あぁ
神門 零
神門 零
今...木の葉の暗部に狙われた
キリト
キリト
それって
神門 零
神門 零
いや...確かに木の葉の暗部の面はしていたけど恐らく違う
キリト
キリト
じゃあ誰が...
神門 零
神門 零
見て...観客席
秦
よく見れば木の葉の暗部が観客に混ざって...あんなにも
神門 零
神門 零
うん
神門 零
神門 零
そして...さっきあそこにいる砂の忍びたちが計画がどうのっていってた
神門 零
神門 零
警戒しといた方がいい...
我愛羅
我愛羅
うわああああ
我愛羅
我愛羅
血が俺の血があああ
神門 零
神門 零
サスケ
サスケ
おらああ
ズズズズ
キリト
キリト
なんか手みたいなのが出てきたぞ
神門 零
神門 零
あれは...
神門 零
神門 零
穆王
五尾
五尾
あれは...一尾の守鶴ですね
神門 零
神門 零
あれが
神門 零
神門 零
ん?なんだ
神門 零
神門 零
この感じ...
ガイ
ガイ
カカシ...これは
カカシ
カカシ
ああ...幻術だ
カカシ
カカシ
ガイ
ガイ
神門 零
神門 零
解...
神門 零
神門 零
キリト!秦!
キリト
キリト
ん...れいー
秦
スー
神門 零
神門 零
あれだけ警戒しろと...
さすがは木の葉の優秀な忍びたち
やりますね...幻術返しとは
(中忍)サスケ...お前は我愛羅たちをおえ
サスケ
サスケ
クソ...なんなんだ
さくら
さくら
サスケくんは...
さくら
さくら
えっ
カカシ
カカシ
(シャキ)
さくら
さくら
ギュ
カカシ
カカシ
さくらしばらくの間そうしとけ、敵の数減らすから
シュ
カカシ
カカシ
しまった...なるとの方に
神門 零
神門 零
(シャキ)
う...
カカシ
カカシ
きみは...
神門 零
神門 零
なるとは殺させない...
カカシ
カカシ
ナルトを守ってくれてありがとう...
カカシ
カカシ
さくら...ナルトたちを起こして我愛羅くん達をおってくれ
さくら
さくら
分かりました
カカシ
カカシ
きみは...
神門 零
神門 零
木の葉に加担するつもりはない...でもナルトが尾獣を暴走させた時は私と穆王で止めるから...安心して
カカシ
カカシ
ありがとう