無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

32
船着場
デンキ
デンキ
あっ、ボルトくん達やっと来た!
メタル・リー
メタル・リー
もう出発してしまいますよ!
デンキ
デンキ
ってかみんなしてなんか汚れてない?
ボルト
ボルト
ちょ、ちょっと転んだだけだってばよ!
かぐら
かぐら
ボルト、ありがとう
ボルト
ボルト
おう!いいってばさ!
サラダ
サラダ
じゃあね、レン
レン
レン
またそっちに手紙送るから、
サラダ
サラダ
うん!
イワベエ
イワベエ
その...
イワベエ
イワベエ
悪かったな...この里...悪く言って
レン
レン
かぐら
かぐら
イノジン
イノジン
イワベエ声小さいよー
イワベエ
イワベエ
うっるせ!
レン
レン
また来てね(ニコッ)
イワベエ
イワベエ
お、おう////
しの先生
しの先生
早く乗りなさい!
しの先生
しの先生
案内役ありがとう
かぐら
かぐら
いえ、またいらしてください(ニコッ)
しの先生
しの先生
今度は是非木の葉にも
レン
レン
はい(ニコッ)
かぐら
かぐら
はい!
レン
レン
シカダイ!またね
シカダイ
シカダイ
あぁ!
乗船
ボルト
ボルト
じゃあなー!カグラ!レン!
レン
レン
みんな!ありがとう!
サラダ
サラダ
へへ
かぐら
かぐら
ボルトー!絶対夢叶えるから
ボルト
ボルト
おう!俺も負けねぇってばよ!
-------------------------------------------------------------------
数日後
サラダ
サラダ
みんな!レンから手紙きたよ!
ボルト
ボルト
おっ!
イノジン
イノジン
なんて書いてあるの?
サラダ
サラダ
読むね、
拝見 木の葉のみんなへ

霧隠れを...カグラを助けてくれてありがとう、感謝してもしきれません。
あの後私は特に罰を受ける事なく、今は中忍として日々の任務に勤しんでいます。
カグラは1週間の謹慎になったものの、上層部への水影様の説得によりその後のお咎めは無くなりました。
今はヒラメガレイを受け継ぎ水影になるために日々の稽古に精を出しています
全部皆のおかげです、本当にありがとう
これをきっかけに木の葉と霧隠れの仲がもっと良くなるといいね


ボルト
ボルト
おお!良かった
ボルト
ボルト
みんなのおかげ、だってよ
イワベエ
イワベエ
ふん、
シカダイ
シカダイ
大きなお咎めはなかったみたいだな
ミツキ
ミツキ
うん
サラダ
サラダ
あっ、まって
イノジン
イノジン
どうしたの?
サラダ
サラダ
手紙にまだ続きが
PS、近々木の葉に伺います


神門レン
サラダ
サラダ
だって!
シカダイ
シカダイ
ボルト
ボルト
レン達くるのか!
イノジン
イノジン
良かったねシカダイ
シカダイ
シカダイ
なっ、何がだよ
ボルト
ボルト
楽しみだってばよ!