無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

5
神門 零
神門 零
フゥ...
神門 零
神門 零
まずは...
--------------------------------------------------------------------
ピチャッ、ピチャッ💧
五尾
五尾
久しぶりですね
五尾
五尾
といってもあなたは私と会うのは初めてですか
神門 零
神門 零
ああ...でも不思議なものだ
神門 零
神門 零
私と同じ目を持ってる人を見るのは
五尾
五尾
(人...か)
五尾
五尾
あなたは今...あなたの全てを奪ったものの下に着いているのですね
五尾
五尾
あなたから...親も...妹も全てを奪った
神門 零
神門 零
.....
一叶
一叶
お姉ちゃん...
神門 零
神門 零
( 一叶...大丈夫)
神門 零
神門 零
ふふっ笑
五尾
五尾
ん?
神門 零
神門 零
あなたとのおしゃべりもいいけど...まずは
神門 零
神門 零
名前を教えて
五尾
五尾
は?
神門 零
神門 零
私の名前は神門零...あなたは?
五尾
五尾
どういうつもりだ
神門 零
神門 零
あなたは里で五尾と言われているけど...それは人間が付けた名前にすぎない
神門 零
神門 零
あるんだろう?あなたの本当の名前が
五尾
五尾
はぁ...あなたといると調子が崩れますね
五尾
五尾
穆王と申します
神門 零
神門 零
(ニコッ)
神門 零
神門 零
こくおう...いい名前だ
私は最年少で尾獣を操るものになった
水影
水影
れい...中忍試験受けてみない?
神門 零
神門 零
中忍試験ですか?
水影
水影
ええ...スリーマンセルでね、木の葉で行われるそうよ
神門 零
神門 零
...
水影
水影
キリトとしんはどう?
神門 零
神門 零
私が神門一族だと知っても...誰にも言わず私を仲間だと思ってくれてる...とても良い人たちです
水影
水影
なら
神門 零
神門 零
でも...もし中忍試験で私の存在がバレたら...
キリト
キリト
そんなこと気にしてんのか
神門 零
神門 零
え?
秦
れい大丈夫だよ
キリト
キリト
何かあったら俺達が守ってやるし
秦
ねっ!
水影
水影
あらあら
神門 零
神門 零
(ニコッ)
神門 零
神門 零
中忍試験でます!