無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

9
木の葉に着いた零
神門 零
神門 零
これはまた…酷いものだな
カカシ
カカシ
やぁ、
神門 零
神門 零
あっ…
カカシ
カカシ
ナルトたちはどうだったかな?
神門 零
神門 零
えぇ…決着は着きましたよ
神門 零
神門 零
時期に帰ってるでしょう
カカシ
カカシ
ありがとう
神門 零
神門 零
木の葉は…
カカシ
カカシ
犠牲者も多くでた…火影様も殉職なされた
神門 零
神門 零
……
神門 零
神門 零
霧隠れは木の葉に敵対の意志もありません…ですが助けを差しのべる関係でもないので私達は里に帰らせて頂きます
カカシ
カカシ
ああ
神門 零
神門 零
それと…ナルトにありがとう…と
カカシ
カカシ
伝えとくよ( ニコッ)
神門 零
神門 零
(ニコッ)
キリト
キリト
零〜
神門 零
神門 零
2人とも…
秦
怪我はない?
神門 零
神門 零
うん
キリト
キリト
帰るか…
神門 零
神門 零
秦
大丈夫だよ
キリト
キリト
何があっても俺たちが守ってやるから
神門 零
神門 零
ふっ笑
神門 零
神門 零
幻術にかかってたやつが何言ってるの?
キリト
キリト
あっ、あれはしょうがねぇだろ!
秦
キリトが俺に話しかけるから!
神門 零
神門 零
ありがとう(ボソッ)
キリト
キリト
なんか言ったか?
神門 零
神門 零
なんも