無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

2章 叶う恋 Part7
~ur side~







志麻「...うらたさん、俺ずっと隠してた事あんねん」



まーしぃが俺に隠してきて事...それがさっきの坂田が言ってた事に繋がるのか...?
でも、まーしぃ震えてる.....。ケジメつけるか...


うらた「.........まーしぃ((ギュッ」


はっ!!!勢い余って抱きついてしまった...でも、もう逃げられない!!



うらた「無理して話さなくていいよ」
志麻「...え?」
うらた「まーしぃすごく震えてる、まーしぃが話せる様になるまで俺待つから、ちゃんと待つから無理して話さなくていいから...」
志麻「...........グスッ...俺...ずっと...うらたさんに嫌われたくなくて...グスッ...ずっと自分の事隠してきて...グスッ」


俺に嫌われたくない...?


うらた「.....俺に嫌われたくなくてって.....」
志麻「......./////あ...!いや...え...えっと...深い意味とかではなくて.......!/////」


ふーん...なんか...いじってみるか‪w



うらた「...((ニヤ、そっか...、俺ずっとまーしぃの事幼なじみとしてじゃなくて恋人にしたいくらい好きなのに...残念だったな...」
志麻「え?.........えっ/////」
うらた「まーしぃ‪w顔赤い‪w‪w‪w」
志麻「うらたさん俺の事からかい過ぎやで!/////」
うらた「俺、本気だけど?ずっとまーしぃの事好きだった.......まーしぃは?」
志麻「...../////俺も...うらたさんが...好き.../////グスッ」
うらた「ありがとう///...まーしぃ泣くなよ^^;」
志麻「.....うらたさん大好き/////グスッ」


志麻さん俺を殺す気か.........


うらた「.........チッ、まーしぃ、今日俺の家に泊まり来ない?」
志麻「.......え!!/////」
うらた「.....ダメ?」
志麻「.......来る/////」
うらた「.....準備したら家に来て//」
志麻「.......わかった/////」



可愛すぎる...俺...無理かもしれん...
なんか...めちゃくちゃ楽しみなんだけど.....


















今回はここまで!!!
次回は浦島坂田船の会話メインの話です!
次回も見てくれたら嬉しいです(´;ω;`)