無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

1章 叶わない恋 Part7
〜翌日(学校にて)〜





さかせん「おはよー」
うらた「お?おはよう!遅かったなー」
センラ「ちょっと坂田と夜に電話してたら寝坊してしもーた...」
坂田「だからはよ寝よやって言ったんや!」
うらた「まあまあ、遅刻してないからいいじゃん!」
坂田「ん?そう言えば志麻くんは?うらさんと来たんやないの?」
うらた「あー、お腹がちょっと痛むからトイレに行ってくるって……にしてはちょっと遅いな……」
坂田「大きいのでもやってるんやないか‪w」
センラ「アホか!……ちょっと心配ですな...」

ガラガラ
??「志麻くん大丈夫…?」
志麻「すまんなぁ...」
センラ「志麻くん?!お腹の方は大丈夫ですか……?」
志麻「!?...悪いな心配かけて、大丈夫やから安心してな!」
坂田「ねね、志麻くん」
志麻「なんや?坂田」
坂田「その女の子はどちらさん?」
志麻「あー、言ってなかったけ?俺の彼女」
志麻彼女「こんにちは!」
うさせ「えー!!!!!」
センラ「いつの間にいたんや!!」
坂田「しかも...志麻くんのタイプストレートやん...」
うらた「……おめでとう!まーしぃ!!(*^▽^*)」
さかせん「!?」
志麻「ありがとう!うらたさん!」
センラ「……うらたん...」
坂田「……うらさん…」
うらた「めっちゃ可愛い子じゃん!羨ましいぞ!まーしぃ!!‪w‪w」
志麻「ホンマにな‪w俺も付き合えるって思ってへんかったからな‪wうらたさんも絶対可愛い子できるて!(*´罒`*)」
うらた「...ありがとう、まーしぃ……」
さかせん「………………。」

キーンコーンカーンコーン♪

先生「席につけー」
うらた「先生来たぞ、席戻れ」
志麻彼女「志麻くん、何かあったら言ってね!」
志麻「さんきゅー」
坂田「センラ席つこうぜ...」
センラ「せやな...」







〜放課後〜




志麻彼女「志麻くん!帰ろ!」
志麻「おー、ちょっと待ってな……ほな行こか、うらたさん達俺先帰るな!」
うらた「おー、おけおけ!気をつけてな!」
センラ「また月曜な!志麻くん!」
坂田「きぃーつけてな!」
志麻「サンキュー!じゃ、うらたさんまた明日な!」
うらた「また明日な!」
センラ「…………うらたん、大丈夫ですか...?」
うらた「大丈夫なわけ……ない……」
坂田「...なら明日どうするん?」
うらた「ドタキャンするのもまーしぃに悪いだろ」
坂田「せやけど……」
モブ子「坂田くーん!先生が呼んでいるよー!!」
坂田「まじか!!……ちょっと行ってくるわ...」
うらせん「いってらー‪w」
センラ「うらたん、志麻くんに言ってみるだけ言ってみたら...?少しでも楽になるんやない?」
うらた「……そうだな、言ってみるだけ言ってみるよ」
センラ「...うん」









今回はここまで!
話が長くて申し訳ないです(´;ω;`)

次回はうらしま目線です!
次回も見て頂けると嬉しいです!(´;ω;`)

※モブ女はちょっと表現が悪かったのでモブ子にさせて頂きます(´;ω;`)