無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

学校編〜喧嘩〜
~sm side~





うらたさんと付き合って2週間、身体のことを話してからも2週間が経ち、この2週間坂田とセンラもそうだったけどうらたさんはいつも体調を心配してくれてた。
でも、初めてうらたさんとヤった以来うらたさんは手を出してこないし、ずっとセンラと一緒にいた。
だから俺は坂田と話して嫉妬をさせてみようとなり、うらたさんと2人の時ずっとセンラと坂田の話をしてたらキスしてきた。びっくりして固まってたら襲われそうになったって訳だけど…
志麻
2人にはああ言ったけど煽ったつもり全然なかったんだよなぁ...



それは置いといて、うらたさんどこ行ったんだ?
うらたさんが行きそうな場所全部当たったんだけど見つからない…。俺もまだまだだなぁ…
志麻
ん?立ち入り禁止の札が取れてる…。
あ...そういえばセンラから聞いたことあったな...うらたさんは1人になりたい時よく立ち入り禁止の階段によくいるって...
志麻
……行ってみるか
廊下を歩いていると屋上に行ける階段がある。
屋上に入るドアの前によくうらたさんがいるらしい。
うらたさんは普段本気でキレる人じゃない。でもあの時は目、顔、雰囲気全てが本気でキレていた…。
それを思い出すだけでもこの階段を上がる事が出来ない。別れを切り出させたらとかまた無視されたらとかまた避けられたらとか…そんなことが頭に出てくる。
怖いけど、うらたさんとまた仲良くしたいから避けられない。
志麻
……よしっ!
少しは男になろう、志麻。




























今回はここまで!
次回は年下組目線です!年下組は会話のみです😥


次回も楽しんで行って欲しいです!