無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

学校編〜喧嘩後〜
※本編はセリフ多めになります。



センラ
坂田ってさたまに甘えるのなんなん?
坂田
は?お前に甘えるとかありえへんから
センラ
ツンデレか‪w‪w‪w
坂田
黙れや
センラ
そんなに俺とイチャイチャしたいんか?(ニヤ
坂田
はぁ?
センラ
ガチトーンでのはぁ?は辛いねん…
志麻くん達にバレるの嫌なんやろ?なら2人の時にイチャイチャすればええやん
坂田
うらさんとか志麻くんがオープンで俺らは黙ってるってちょっとあの二人に隠し事してるみたいで嫌になってきたんよ…
うらた
何を隠してるって?
志麻
なんや、2人でええもんでも食っとんたっか?
センラ
お、帰ってきたんか!
坂田
え!/////いや、特には何も隠してへんよ!!
うらた
何赤くなってんだよ、お前ら何か隠してるだろ…
センラ
何も隠してへんよ‪wところでうらたん、なんでTシャツなん?
うらた
ん?あー、志麻さんから逃げてたら汗かいたから脱いでるだけ‪w
センラ
そうなんね…(志麻の方を見る)
志麻
…。(ぼーっとしてる)
センラ
…ホンマに逃げてただけなんか?
うらた
え?さーね…(ニヤ
坂田
志麻くん大丈夫かー?
志麻
…?あー、大丈夫!
ちょっと考え事してたんや
うらた
何かあったの?
志麻
え?あー…いやぁ…ちょっと前から気になってたことあってさ
坂田
気になってたこと??
志麻
なかなか言うタイミング無くて言えなかったんやけど…センラと坂田なんか俺らに隠してないか?
坂田
………。(センラを睨む)
センラ
…………いや、何も隠してへんよ?
志麻
センラ、俺を騙すのは500年速いねん(ニヤ
たまにセンラと坂田同じシャンプーの匂いする時あるんよな…
うらた
あ、それ俺も思ったことある!
お前らが2人で泊まるとか珍しいからすげー気になってた
志麻
あと、それと同時に坂田の首筋に虫刺されみたいなあざある時あんねん…
坂田
はぁ?!おい!センラ!!!あれほど跡付けるなって言ったや……………あ…。
志麻
……(ニヤ
センラ
アホか坂田
うらた
流石…まーしぃ…
志麻
俺そこまでまじまじ見ねぇよ‪w‪w‪w
坂田
…/////
センラ
こればかりは降参やな…😅
よく志麻くん見てるよ…、俺らに何年も隠し事してたのにさ…
志麻
隠し事するからこそよく周り観察するんだよ
うらた
なるほどなぁ…
坂田
流石やわ…ホンマに…
志麻
趣味がゲームから人間観察になりそうやったしな‪w‪w‪w
……………っ!
うらた
まーしぃ?




続く♡
(きっしょ…)