無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第17話

2章 叶う恋 Part6
~sm side~





センラにちゃんと気持ちを言えって言われたから言おうとは思ってるけど...やっぱり不安だよな...



センラ「あ!志麻くん!おはよう」
うらた「まーしぃ!!体調どう?」
坂田「おはよう!」
志麻「おはよう!体調良くなったよ!心配かけてごめんな...」
坂田「気にせんといて!!あ!それとセンラから聞いたで!志麻くんも大変やったんやなぁ...」
うらた「え?まーしぃ何かあったの?」
センラ「坂田!!」




センラは坂田に話してくれたんや...ありがたいけど...俺まだ話してないんだよな...

うらた「え?まーしぃ?」
坂田「え?僕なんかまずい事言った...?」
志麻「.......うらたさん!ちょっとこっち来てくれへん?」
うらた「え?ちょ、まーしぃ!!!」



落ち着け、落ち着け!!うらたさんはちゃんと分かってくれる、話してもちゃんと理解してくれるはず、でも...怖い.......



うらた「まーしぃ...?」
志麻「...うらたさん、俺ずっと隠してた事あんねん」
うらた「うん」



怖い、凄く怖い.....。もし、これを言ってうらたさんに嫌われたら、うらたさんに気持ち悪いって言われたどうしよう.......



うらた「.........まーしぃ((ギュッ」




...........?今...うらたさんに...ハグされています.....?



うらた「無理して話さなくていいよ」
志麻「...え?」
うらた「まーしぃすごく震えてる、まーしぃが俺に話せる様になるまで俺待つから、ちゃんと待つから無理して話さなくていいから...」




...やっぱりうらたさんは優しい...好き...うらたさん...俺を見て欲しい...うらたさん...



志麻「.......グスッ...俺...ずっと...うらたさんに嫌われたくなくて...グスッ...ずっと自分の事隠してきて...グスッ」
うらた「.....俺に嫌われたくなくてって.....」
志麻「......./////あ...!いや...え...えっと...深い意味とかではなくて.....!/////」


ヤバっ!!!気を抜いてしまった.../////
しかもうらたさん、なんか面白がってないか...


うらた「.......((ニヤ、そっか...、俺ずっとまーしぃの事幼なじみとしてじゃなくて恋人にしたいくらい好きなのに...残念だったな...」
志麻「え?.............えっ/////」
うらた「まーしぃ‪w顔‪赤い‪w‪w‪w」



うらたさんが俺の事好き...?嘘だろ...?


志麻「うらたさん俺の事からかい過ぎやで!/////」
うらた「俺、本気だけど?ずっとまーしぃの事好きだった.......まーしぃは?」
志麻「........./////俺も...うらたさんが...好き.../////グスッ」
うらた「ありがとう///...まーしぃ泣くなよ^^;」
志麻「.....うらたさん大好き/////グスッ」





うらたさんと両想いだったし...身体の事はゆっくり話せる様になるまで俺頑張ろう...















今回はここまで!!
次回はうらたさん目線です!!
次回も見てくれたら嬉しいです(´;ω;`)