無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

学校編〜番外編2〜
坂田
ほんとセンラと話すと疲れるわ!!
センラ
それはすまんかったなぁ!
坂田
もうええよ、にしてもうらさん達遅ない?
センラ
放課後やし、ええんやないか?2人でちゃんと話し合っとるんやろ
坂田
分からんで!志麻くん言ってたやん!
センラ
何か言ってたっけ?
坂田
ほら!俺も煽ったのは事実って!
センラ
そうやけど…俺…志麻くんが煽るなんてないと思うんよ
坂田
何で?志麻くん自分から言ったんよ?
センラ
俺らがうらたんを責めてたからやない?
坂田
志麻くんがうらさんをかばったってこと?
センラ
そー、ええな…うらたん…。
俺、坂田から庇ってもらったことないんやけど?
坂田
はあ!誰がお前なんか庇うかよ!!
それなら俺もセンラから庇ってもらったことねーし!
センラ
せやね
坂田
せやね…じゃねーよ!!!
センラ
じやー、坂田は俺にどうして欲しいんや?
坂田
………ほしい。
センラ
ん?聞こえへんわ、いつもの元気どこ行ったんや?
坂田
あーも!!!
もっと恋人らしくして欲しいねん!!!//////
センラ
?!!
な、何や…坂田…、今日何かあったんか…?
坂田
だってセンラ、いつも志麻くんとかうらさんばっかりかまってるやん…2人でいる時もうらさんとか志麻くんの話ばっかりやし…
センラ
…なんや、珍しいやん坂田が嫉妬とか
坂田
…これでも俺センラの事好きやねん
センラ
…坂田?ほんまに今日どうしたん…?
坂田
センラ…俺の事も見てや…俺…センラの事好きやしちゃんと見てんねん…
センラ
…そうやったんか、ごめんな坂田…俺お前のこと分かってなれなくて…
坂田
……き、キスしてくれたら…許してやらなくもない…/////
センラ
?!?!?!
え…!おま…///?!……分かった///
坂田
…んっ/////
センラ
…これでええやろ!!/////
うらたん達帰って来るかもしれへんからまた後で…2人の時に続きしよか?(ニヤ)
坂田
…ん/////
続くかもしれない





























お久しぶりです!
死んでませんよ!生きてますからね!(はあ?)
就職するのでばたばたして投稿が遅れました!!
これはらは少しずつ投稿しますので首を長くしてお待ちください!!
次回もお楽しみに!!!!