無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第19話

2章 叶う恋 Part8
〜教室〜





センラ「...あ、うらたん達帰ってきた」
坂田「ほんまや」
センラ「...志麻くんちゃんと話せた?それと、ほれハンカチ」
志麻「え?」
坂田「涙拭いときぃ、みんなに色々言われるで?」
志麻「あ...ありがとう...」
うらた「...。(ニヤニヤ)」
センラ「.....、うらたんなんか気持ち悪いで...」
坂田「にやにやしててほんまキモイで...」
うらた「うるせぇなぁ!!!いいだろ!!にやにやしたって!!!」
センラ「あの様子やとうらたんと上手くいったみたいやね、志麻くん(コソッ)」
志麻「一方的に俺が泣いて困らせただけやけどな...^^;」
センラ「それでも、うらたんは嬉しかったちゃう?」
坂田「センラと志麻くん、2人で何コソコソしてるんや!」
センラ「いやぁ?うらたさんと志麻くん上手くいったんや!って話ししてただけですよぉ?」
志麻「なっ!センラ...!/////」
坂田「そうなん?!良かったなうらさん!」
センラ「良かったねぇ‪w志麻くん‪w‪w‪w」
うらさか「...え?」
志麻「センラ!!!!/////」
センラ「ふふっ‪w‪w」
うらた「センラ...知ってたのか...?」
坂田「...え?2人で話したあの話嘘やったんか...」
センラ「言うて僕も昨日知りました」
うらさか「まじかよ...」
センラ「まじやで?なぁ、志麻くん」
志麻「センラさん...もう...辞めてください......./////」
センラ「あはは‪w‪w可愛いねぇ志麻くん‪w‪w‪w」
うらた「.........センラ...」
センラ「........(・_・;)(やっば.....)」
うらた「俺のまーしぃで何遊んでるんだよ...」
センラ「...す、すみません...」
うらた「...〇す」
センラ「え...えっと...うらたん...落ち着いてく.......ギャアァァァァ━━━━(」
坂田「.....志麻くん、大丈夫か...?」
志麻「.....消えてなくなりたい...../////」
坂田「.......よしよし!何かあったら相談に来てええからな!」
志麻「...坂田(´•̥ ω •̥` )」
うらた「次やったらまじで〇すからな...」
センラ「...........はい.........」
うらた「まーしぃは今夜覚えとけ...(ニヤ」
志麻「.....................はい///」










今回はここまで!!!
次回はうらしまお泊り編です!
R18になりますので無理な方は御遠慮ください...(;´ω`)


次回も見てくれたら嬉しいです(´;ω;`)