無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

1章 叶わない恋 Part8
~ur  side~




...昨日の事がショック過ぎてあんまり寝れなかった(--;)
昨日の事で俺も改めて思ったよ。やっぱりまーしぃは女の子が好きだとな……。
今日はめっちゃゲームして楽しむか...


ピーンポーン♪

うらた「ちょっと早く来すぎたか?」

やばっ、ドキドキしてきた……

うらた「やっほー!まーしぃ!!」
志麻「いらっしゃい!うらたさん、待ってたでー!」

まーしぃの行動ひとつひとつなんか、エロいな……
入っての行動も可愛くてエロい……
何考えてるんだ!俺は!!

うらた「お、お邪魔します!」

まーしぃの家ってやっぱり綺麗だな...
テスト期間でもまーしぃの家よく来てるけどまーしぃの部屋もいつも整ってるし...

志麻「お茶とコーラどっちがええ?」
うらた「あ、ゴメンな!コーラがいいー!」
志麻「おけー!コーラな!...っ!」

ん?お腹...痛いのか...?あ、そういえば昨日も1日辛そうだったな...

うらた「まーしぃ?大丈夫か??」
志麻「あー、大丈夫やで!……はいコーラ」
うらた「あ...ありがとう!」
志麻「うらたさん、俺ちょっと腹痛いから薬飲んでくるなー」
うらた「...大丈夫か!?」
志麻「全然大丈夫なんやけど、一応な!」
うらた「無理するなよ?」
志麻「おう!ちょっと行ってくるな!」
うらた「はーい」


やっぱり辛そう...。大丈夫かな...。昔からまーしぃは自分の事あんまり話すタイプじゃないからな……、でも...少しでも頼って欲しい...って馬鹿か俺...付き合ってる訳じゃないのに……


志麻「お待たせ!ほなやろか!!」


勝手に首突っ込んでまーしぃ困らせんのも嫌だからな...


うらた「...めっちゃ楽しみ!!!」



〜夕方〜
うらた「やったー!!!クリアー!!!」
志麻「ボス戦大変やったなぁ...^^;」
うらた「最後のボスめっちゃ強かったしな...」
志麻「ホンマにな...」
うらた「あ...もうこんな時間か...俺そろそろ帰るな!」
志麻「お、いつの間にか夕方になってたんやな...」
うらた「まーしぃ、今日はゲームやらせてくれてありがとな!!」
志麻「……お、俺の方こそ楽しかったで...///ありがとな!(*´▽`*)」


!?...まーしぃ...照れてる...。可愛い……コホン!何考えてるんだー!


うらた「気にすんな!!お腹早く治るといいな!寝る時暖かくして寝るんだぞ!」
志麻「ありがとな!」
うらた「それじゃー、また月曜な!」
志麻「またな!!」



……やっぱりまーしぃとの時間は楽しかった...。近くにいるとより好きだと感じる時たくさんあったし、俺を見て欲しいって思ったし、俺のモノにしたいって思った...。でも、まーしぃには彼女がいるし、俺の事見てないから...諦めなくちゃ……、叶わない恋だから諦めなく行けないのに...なのに……


うらた「…それでもまーしぃが好きだ…」




俺は...最低だ...。
絶対...叶わないのに...。
でも...諦めたくない...。
志麻を絶対振り向かせてやる...。
俺の事好きって言わせてみせる...。
叶わない恋から叶えられる恋にしてやる...。
見とけよ...志麻!俺はお前を絶対幸せにしてみせる……。


〜叶わない恋 END〜











今回はここまで!!
最後無理矢理感半端ないですね...( ̄▽ ̄;)
でもどうしてもここで1章を終わらせたくて...( ̄▽ ̄;)

次回から2章 叶う恋 と言う題名で書かせて頂きます!
(題名適当ですみません...。どうしても思いつかなくて...(--;))

次回も見て頂けると嬉しいです!(´;ω;`)