無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

1章 叶わない恋 Part4
~ur side~







センラ「...うらたん志麻くん、今日の昼休みちょっと坂田借りてもええ?」
志麻「センラたち何かあるん?」
センラ「いや、ちょっと坂田に話があるんよー」


え??センラたち今日の昼休みにいないってことは……?まーしぃと二人っきり……!?
無理無理無理無理!!!!!
絶対無理!!まともに目も合わせられないのに二人っきりは本当に無理!!

センラ「行くでー坂田」
坂田「え!おい!センラ!!待って!!」


まじで行くのかよ!!!本当に無理だって……!

志麻「…………行ってしまったな」
うらた「え!う、うん……!」


あ、あれ?まーしぃと2人で会話してる時ってどんな感じだったっけ!?


志麻「うらたさん最近なんかあったん?ため息つく事が多くなってるなって思ってな...」
うらた「え!いや……特には何もないよ!!」


やべぇ……、まーしぃに心配されてるじゃん……!
本当にまーしぃは優しいな……大好きだな……
……俺って本当にキモくなってきたな...


志麻「...?それならええんやけど、なんかあったら相談乗るからいつでも来いや!(´▽`*)」
うらた「あ、ありがとう……」


本当にまーしぃは優しい!しかもなんだよ!その可愛い笑顔!
やべぇ……本当に可愛い……
はぁ……大好き……


志麻「そう言えば、うらたさん!今度俺の家でゲームやらへん?新作のゲームソフト買ったんよ!」


え?ここでまーしぃからゲームのお誘い?!
誰もいない場所だと俺抑え効かないよ?!
コホン……ここはあくまでも幼なじみとして!


うらた「いいよー!」
志麻「ホンマに?!やったー!今週の土曜空いとる?(´✪ω✪`)」
うらた「今週の土曜?ちょっと待ってね…………空いてるよー」


まーしぃ……その時可愛い眼差しで俺を見つめるな!俺の抑えが……!!


志麻「ほんま?!なら今週の土曜俺の家でな!!(´▽`*)」
うらた「時間は何時くらいがいい?」
志麻「んー...10時からでもええ?」
うらた「いいよー、10時ね」
志麻「やったー!楽しみやなぁー!(´▽`*)」



本当に可愛い……やばい……大好き
俺もすげー楽しみやだけど……やばい……襲いそう……その不安が凄いけど、頑張れ俺……















今回はここまで!
ちょっとキャラ崩壊気味ですみません...

次回はうらたさん、坂田さん、センラさんの会話ストーリーです!
次回も見て頂けると嬉しいです!(´;ω;`)