無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第36話

告白
鈴亜
鈴亜
ふぅ、とうちゃーく!
二宮さん
二宮さん
やっぱり家が一番落ち着く
二宮さん
二宮さん
でも、最近家よりもゲームよりも落ち着く最高な落ち着く方法見つけちゃったんだよね
鈴亜
鈴亜
ん?なになに?
二宮さん
二宮さん
それは
トクントクン




















































































二宮さん
二宮さん
鈴亜と一緒にいる事
二宮さん
二宮さん
鈴亜に触れること
二宮さん
二宮さん
鈴亜と一緒に喋ること
二宮さん
二宮さん
鈴亜と居られる時間そのものが大好きになった
二宮さん
二宮さん
俺と付き合ってください
鈴亜
鈴亜
え(৹ᵒ̴̶̷᷄﹏ᵒ̴̶̷᷅৹)♡全然オッケーだよ
鈴亜
鈴亜
こんな私でも良かったらよろしくお願いします(⸝⸝ᴗ͈ˬᴗ͈)
二宮さん
二宮さん
鈴亜(*>ω<)ω<*)ギュ~ッ
鈴亜
鈴亜
苦しいよニノ!
二宮さん
二宮さん
( ♥˘ ³˘(˘︶˘♥).。.:*ちゅっ
鈴亜
鈴亜
ニノ//////////
二宮さん
二宮さん
明日から俺と暮らそっかコソッ
鈴亜
鈴亜
うん////
鈴亜
鈴亜
いいけど耳真っ赤だよ?
二宮さん
二宮さん
/////////
鈴亜
鈴亜
これからもよろしくね
二宮さん
二宮さん
よろしく
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いっちゃん
いっちゃん
はい!ここまで
いっちゃん
いっちゃん
カップル成立ですよ!書いてる私が一番キュンキュンしてますよ!
いっちゃん
いっちゃん
この小説自体はもうすこし続くので暖かく見守ってください
いっちゃん
いっちゃん
次回お楽しみに!
二宮さん
二宮さん
see ÿ٥u( •ω•ฅ )
鈴亜
鈴亜
see ÿ٥u( •ω•ฅ )
嵐−ニノ
俺らの存在・・・・・