無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

顔合わせ
あの電話から時は経ち約束の日に。なれないスーツを着て家を出た私。
鈴亜
鈴亜
あっ忘れてた(´-﹏-`;)意外と事務所家から近かった。30分も早く来すぎちゃった。受付に行ったら待たせてくれるかも。
ビルに入り受付に向かう私。
鈴亜
鈴亜
あのマネージャー課の人とお約束している○○ですが早く来すぎてしまって
受付の人
分かりました。ちょっと待ってくださいね
受付の人は誰かと電話してるみたい。
受付の人
もうメンバーの皆さん揃ってるので迎えに来るそうです。また少し待ってくださいね。
鈴亜
鈴亜
はい。分かりました。
あっ○○さんですね。今のマネージャーの浜田です。来週から寿退社で新しいマネージャーさん募集してたんですよー。じゃあ行きましょうか
鈴亜
鈴亜
はい!よろしくお願いします!
浜田さん
うん!よろしくね。あまり歳も変わらなそうだからタメ口でいいよ!
エレベーターで3階まで上がり面会室と書かれた部屋に通された。
浜田さん
ちょっと待っててね
胸のドキドキが止まらない!今から嵐に会うんだ!
───────────────
いやーごめんなさい顔合わせ書き切ろうと思ったんですけど書ききれなくてm(_ _)m次回お楽しみに!