無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

後日・・・
あの日から2日が経った。浜田さんには、ちょこちょこ連絡をもらうようになった。一応、私の連絡先も嵐の皆さんには、教えているらしい。「もし連絡が来たら全然話してもらって構わないから」だそうです。
━━━━━━━━━LINE━━━━━━━━━━━━ピコン
LINEの所に知り合いかもと嵐の皆さんが出てきた。一応友達にしておいた。
━━━━━━━━━━相葉さん━━━━━━━
相葉さん
相葉さん
LINE入れさせてもらったよヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
鈴亜
鈴亜
はい!
相葉さん
相葉さん
ねぇねぇ!
鈴亜
鈴亜
な、なんですか?
相葉さん
相葉さん
小さい頃から嵐が好きだったんだよねー推しは、誰だったのー?
鈴亜
鈴亜
え?言っちゃっていいんですか?
相葉さん
相葉さん
遠慮しないでよー!まぁ、俺じゃなきゃちょっと凹むけどさー(`・ㅅ・´)
鈴亜
鈴亜
じゃあやめときます!
相葉さん
相葉さん
バレバレだよ?俺じゃないんでしょ?
鈴亜
鈴亜
えーっと、あっーと、そーの?
相葉さん
相葉さん
もう、鈴亜ちゃん可愛い😂💗
鈴亜
鈴亜
そんな(๑////๑)お世辞でも嬉しいです!
相葉さん
相葉さん
お世辞じゃないよー(><)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今回は、相葉さんとのLINEを書きました!ほかの4人もまた書くのでお楽しみに!