第5話

#4
5
2021/07/12 12:00




『どうしたの。夜中に呼び出して。』
「うーん。笑」
「いや、まず連絡がつくと思ってなかったから。」
『起きてたから。』


そんなの誤魔化すための嘘。仕事が辛くなって眠れなかった。
「樹。今の嘘でしょ。」
「私でよかったらいつでも聞くから。」



















『俺、もう帰るわ。』
”樹、明日も待ってるから。“という声を横目に聞きながら。
























𝚗𝚎𝚡𝚝

プリ小説オーディオドラマ