無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

第三夜 条件③
シルク
シルク
うん、いいよ。
あなた
あなた
私の母は離婚した後に違う男の人と再婚したんです。
あなた
あなた
その男の人が最初に暴力を振るいました。
あなた
あなた
私と母に。
あなた
あなた
父が母に命令したんでしょう。
母も私に暴力を振るうようになりました。
あなた
あなた
そ、して‪(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)‬
あなた
あなた
。゚(PД`q*)゚。
シルク
シルク
大丈夫だよ…(´。-ω(-ω-。`)ギュッ
俺達が守ってあげる。
あなた
あなた
え.......(´;ω;`)
シルク
シルク
俺達が…守る.......
守ってみせるから…
必ず守る.......
あなた
あなた
いい、んです.......
どうせ私なんか.......
シルク
シルク
俺達Fischer'sで守ってみせる。
あなた
あなた
いいんですか.......?
シルク
シルク
その代わり、条件がある。
あなた
あなた
条…件.......?
シルク
シルク
あぁ。