無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

第四夜 条件④
シルク
シルク
その条件はな.......
シルク
シルク
俺達を支える事だ。
あなた
あなた
支える?
シルク
シルク
あぁ、詳しくは俺ん家で話すから。
あなた
あなた
あ、はい!
シルク
シルク
お、きたきた!
ンダホ
ンダホ
おーい!シルク!
シルク
シルク
だほ!お願いな!
ンダホ
ンダホ
おう!その子が…あなたちゃん?
俺ンダホ!よろしく!
あなた
あなた
よろしくお願いします!
〜〜〜〜〜〜〜〜家に着いて
シルク
シルク
よし、ついたぞ!
だほありがとな!
ンダホ
ンダホ
おう!あなたちゃん!バイバイ!
あなた
あなた
あ、ありがとうございました!
さようなら!!
ガチャ
シルク
シルク
さ、入って!
あなた
あなた
お邪魔します.......
シルク
シルク
汚いけどごめんなwww
あなた
あなた
いえいえ!( *ˊᵕˋ)ノ
十分綺麗ですよ!!
シルク
シルク
じゃあ、話していい?
あなた
あなた
いいですよ!
シルク
シルク
支えるって言うのは…
シルク
シルク
まず、これを見て欲しい。
バサッバサッ
あなた
あなた
え.......?
あなた
あなた
吸血鬼.......?
シルク
シルク
おう、Fischer's全員が吸血鬼なんだ。
シルク
シルク
嫌いになったか?
あなた
あなた
いえ…カッコイイです。
シルク
シルク
あ、ありがとう///
シルク
シルク
それでな、俺らは吸血鬼だから
血を糧にして生きているんだ。
あなた
あなた
で、シルクさん達に血をあげて
支えてくださいと…
シルク
シルク
やっぱりダメか?
あなた
あなた
そんなの良いに決まってるじゃないですか。
シルク
シルク
いいのか?ありがとう.......
シルク
シルク
その代わり、あなたを守る。
あなた
あなた
ありがとうございます⸜(*ˊᗜˋ*)⸝
シルク
シルク
(可愛い…)
あなた
あなた
あ、私家に帰らないと.......
シルク
シルク
今日はもう遅いから泊まっていきな。
あなた
あなた
いいんですか?ありがとうございます
シルク
シルク
じゃ、おやすみ(o^∀^o)
あなた
あなた
あ、シルクさん!
シルク
シルク
ん?どした?
あなた
あなた
血…飲みますか?
シルク
シルク
いいのか?
あなた
あなた
いいですよ!今日のお礼です(っ´ω`c)
あなた
あなた
どうぞ.......
シルク
シルク
じゃ、遠慮なく頂くね。(カプっ
あなた
あなた
んっ///はぁ…///やぁ…///
シルク
シルク
ぷはぁ…美味しいね (*ˊωˋ*)   
あなた
あなた
なんか…痛くないね。
シルク
シルク
気持ちいいだろ?
あなた
あなた
うん…気持ちいい…
シルク
シルク
いい声出してたねwww
あなた
あなた
やめてよぉー///